HOME > 遊びの小部屋 > 古本屋日記

​日々のことや、仕事のこと

グルメ漫画の良さについて!

最近流行っていて、コンビニ漫画でもよく見るのが、食べ物系漫画とされる「グルメ漫画」です。

美味しんぼやクッキングパパ、ザ・シェフ、将太の寿司などの寿司漫画、個人的に好きな喰いしん坊!や極道めし、大奥の作者による、きのう何食べた?、ドラマ化もされるほどの最近の人気作品、深夜食堂、花のズボラ飯、孤独のグルメ。。どれも面白くて、グルメ漫画に外れなんてないんじゃないかと思うほど!

グルメ漫画の良さは、そのついついお腹が減ってくる、美味しそうなご飯のシーンにあると思います。

別にリアルだから美味しそうってわけじゃなくて、ヘタウマ以前に、器しか描いてなくても「美味しそうだな、食べたい!」って思う瞬間があるのです。

シュチュエーション?っていうか、ご飯が出てくる流れが絶妙っていうか、実に上手く空腹を誘うなぁ、そんなお話があるからこそ、日頃そこまで食べたい食べ物じゃなくても、不思議と美味しそうに見えてくる。

小さい頃、お母さんが作ってくれてなかった食べ物だとしても、グルメ漫画で「おふくろの味」とか言われちゃうと、自分にとっても懐かしい味のような気がしてきてしまう。普通に感動しちゃうんです。

そしてまたこれが自分が好きな食べ物だったりすると、何回読んでも飽きない!

そんな漫画になってしまうのです。。中毒性があるんです!「食欲」と、「読みたい欲」が連動してしまうんです!

お腹が減ったら読んじゃうし、読んだらお腹が減っちゃうし。

だから自然と元気が出てくるんですね。

色々大変な現代、仕事に疲れて食べたいものもよくわからない、でも体調の為にとりあえず食べてる、なんて人はいっぱいいるんじゃないかと思います。食べたいものが無いのは、頭の中が「それどころじゃない」って思ってるからだと思うから(本当に食欲ないときもあると思うけど)、グルメ漫画を読んで、自分と似てるような似ていないような物語の中で出てくる食べ物を、「美味しそう食べたい」って思うのはすごく健康的な気がします!

食欲ってなくしたらいけないんですよね。頭が美味しいって感じるものを食べた時に、「また食べたい」と思って、そのためにまた頑張れたりしますよね。

だからグルメ漫画はこんなにも人気があるんだな!と言う自論でした。

#古本 #古書

最新記事
​カテゴリー