HOME > 遊びの小部屋 > 古本屋日記

​日々のことや、仕事のこと

一休さんに学ぶ

昔に放送されたアニメ「一休さん」を見ました。

見事な頓知と度胸の良さで、慌てず焦らず、降りかかる困難を着実に乗り越えて行く一休さん。

子供の時分で母と離れ、貧乏寺で修行を積む健気な姿を見ていると、

比べて自分は温室育ちの甘ったれだなぁと思います。当たり前ですが。

一休さんは、お寺の他のお坊さんの中でも一番子供なので、毎回ありとあらゆる雑用を押し付けられたり、賢さを妬まれたりしており、大変な毎日を送っています。

特に辛そうなのが冬の季節です。薄い着物と裸足にわらじ、頭は坊主で、寒そうのなんのったら。

おまけに一休さん、水仕事で手はあかぎれて流血までしていました。

バイトして稼いだお金で、あかぎれに効く塗り薬を買っても、自分の手には使いません。

敬愛する母上さまへのプレゼントなのです。心優しく、誰よりも母を慕う一休さん。

大人も子供も一生のうちに一度は見て欲しいアニメですよね。

#一休さん #頓知 #お坊さん #寺 #わらじ #アニメ

最新記事
​カテゴリー