HOME > 遊びの小部屋 > 古本屋日記

​日々のことや、仕事のこと

鉛筆デッサンのススメ

昔デッサンを習っていた時、先生に「デッサンが上手な人は、描いてる途中も上手いんだ」と教えてもらいました。

「ふむ」と思った私は、その教室で一番デッサンが上手い子の描く様子をずっと眺めていました。

先生の言う通り、その子の描くデッサン、その行程どこを写真に収めてもとても上手い、そのままで作品になりそうなくらいの綺麗な絵でした。同じ静物を見て描いて、こんなに違う物かと思って悔しくなりました。

デッサンは今でも描く手段として一番好きです。中でも基本的な鉛筆デッサンが一番楽しいです。

受験生の名残が強く出そうで恥ずかしいな、と思っていた時もありましたが、それでもアクリルや水彩、油彩を抜いてデッサンが一番夢中になってしまいます。

鉛筆の黒鉛が画用紙にのって、立体を帯びていく姿が、生んで育ててあとは勝手に育ってゆく子供を見ているような、そんなような気持ちにさせてくれます。

老後も私はデッサンがしたいです。

#美術予備校 #ふな美 #デッサン #絵を描く #静物デッサン

最新記事
​カテゴリー