HOME > 遊びの小部屋 > 古本屋日記

​日々のことや、仕事のこと

今年のクリスマスは

早くも世の中は、クリスマスのムードが漂い始めております。クリスマスの定番といえば、クリスマスツリー、ケーキ、プレゼント、サンタクロースですね。現代では電飾を贅沢に使ったイルミネーションなども人気を集めています。でも、寒いしどこにも出かけたくない、パーテーィもしないしなぁという方も沢山いらっしゃると思います。

そこで、クリスマスに読みたい文学をご紹介したいと思います。こたつや布団にくるまって読みたいですね。

ディケンズ 「クリスマス・キャロル」

アンデルセン 「もみの木」「マッチ売りの少女」「すずの兵隊さん」

ケストナー 「飛ぶ教室」

O・ヘンリー 「賢者のおくりもの」

サリンジャー 「ライ麦畑でつかまえて」

私も今年のクリスマスは家でゆっくり、文学を読もうと思います。でも読むのが遅いので、クリスマスの何日か前から読み始めた方がいいかもしれません。

#クリスマス #文学 #聖夜 #小説 #クリスマスキャロル #純文学

最新記事
​カテゴリー