HOME > 遊びの小部屋 > 古本屋日記

​日々のことや、仕事のこと

アテネフランセ

昨日は、オタールイオセリアーニ監督の映画の新作「皆さま、ごきげんよう」の上映公開記念で、今迄の作品が御茶ノ水、水道橋の近くにあるフランス語学校、アテネフランセで特集上映されていたので観に行きました。

本日は「素敵な歌と舟はゆく」から始まり、おなじみの「月曜日に乾杯!」、グルジア時代の制作映画「四月」「落葉」が上映されました。フランス時代の制作映画は前半の二つの作品なのですが、ニコラ・ズラビシュヴィリさんの音楽が大変美しく聞き惚れてしまします。

役者さんも素人の方を起用しているらしいのですが、個性がありながらも自然体で、映画の雰囲気を見事に作り上げています。出てくる動物ものんびりとしていて愛嬌があります。

腐るほど出てくるワインがなんとも美味しそうで、人が集って歌う姿も生がみなぎっていて活き活きと楽しそうです。貧富の格差を歌とお酒で無いものにさせるには充分すぎるくらい多くの人を魅了する作風です。

青年と子供の作品作りに熱中する姿も、みずみず?しくて、愉快で美しかったです。

新作がとても楽しみです。イオセリアーニ監督の高齢にして現役で映画を制作するフロンティア精神にただただ感服します。

#皆さまごきげんよう #ニコラズラビシュヴィリ #月曜日に乾杯 #素敵な歌と舟はゆく #オタールイオセリアーニ #グルジア #映画

最新記事
​カテゴリー