HOME > 遊びの小部屋 > 古本屋日記

​日々のことや、仕事のこと

Theピーズのライブ

昔、Theピーズのライブを見に秩父へ行ったことがあります。

私はその時千葉に住んでいたので、初めて行く秩父は旅行へ行く感覚でした。一人だったので心細さもありましたが、Theピーズのライブがとても楽しみでした。

名曲「バカのしびれ」が新曲の時だったので、その曲が生で聴けることを期待しながら、電車にウキウキ揺られていました。

秩父に着いたのは夕方ごろで、ライブの開演時間まではまだ時間があり、散歩がてら秩父の街を歩きました。鳥居が見える商店街や、のどかな住宅街の小道をぶらぶらしていました。

そして開演時間の30分前くらいにライブ会場へ向かってみると、そのライブハウスの前のベンチにベースボーカルの大木温之さんが座っていました。

私は嬉しくて興奮して、失礼だとは思いながらも、ハルさんに声をかけてしまいました。

「ファンです。頑張って下さい。」みたいなことを言ったと思います。

緊張でガチガチになってしまい、何を言おうか話しかけるギリギリまで考えていました。他にもっと言葉はあったかもしれませんが、そんなことをしゃべってしまいました。

そうしたら、ハルさんが少し置いて「どうも。」と言ってくれました。私は嬉しくて緊張して、思わずライブハウスから離れた路地まで早足で向かい、そこへしゃがみこみました。呼吸を整え、あーもっとこう言えば良かった、あー言えば良かったと後悔しつつも、楽しみにしていたTheピーズのライブで憧れのハルさんと言葉を交わせたことが、心の底から嬉しかったのです。

ライブは最高でした!聴きたかった「バカのしびれ」も、好きな「手おくれか」も、「井戸掘り」も聴けました。

感動して時間を忘れてしまいそうでした。ライブが終わり、その会場にまだいたい気持ちを抑えながら、最終電車に乗り遅れないよう、駅まで走りました。

私の一生の思い出です。

#Theピーズ #秩父 #バカのしびれ #大木温之 #ライブハウス #ベース #電車 #思い出

最新記事
​カテゴリー